NAtsume.note

Something about cars, bikes, cooking and many other things.

クロスバイクのタイヤ交換

 通勤で使っているGIANT R3のタイヤを交換しました。

 減り具合はまだいけそうな感じですが、ヒビ割れがひどくなってきたのと、サイドカットが2箇所ありました。タイヤのトラブルはパンクやバースト、転倒、事故などの原因にもなります。

 ケチらず早めに換えてしまいましょう。

 

Panaracer GRAVEL KING 700×28c

f:id:hinokinatsume:20190623185203j:image

 写真の黒/茶のほかにオールブラックもあります。

 価格は2本セットで9,000円。。。

 自分で交換するので工賃はかかりません(*´ω`*)

 

 「グラベル」とは砂利道、未舗装路のこと。

 このタイヤはオンロード+未舗装路での走行を想定して開発されたものです。ロードバイクではブルベなどのロングディスタンスで、またクロスバイクやツーリング車でも使われることが多いようです。

 

 サイズ表記の「28c」はタイヤの幅(約28㎜)を表しています。

 幅が太ければその分エアボリュームも増えて乗り心地はよくなりますが、路面抵抗やタイヤ自体の重量も増えてしまいます。したがって競技用では細いほうが良いのです。昔のロードバイクでは18cなんてサイズの極細タイヤもありましたが、最近は25cぐらいが主流ですね。

 ヒルクライム専用なら極端に細くて軽いタイヤもいいでしょうが、大半の人は一般道やサイクリングロードがメインですから、あまり細いタイヤは使いにくい。僕もロードバイクでは23cを使っています。

 

 グラベルキングには23c、26c、28c、32cの4種類があります。今回は28cを購入。これは単純に手持ちのチューブが28cまでしか対応していなかったためです。もしタイヤのサイズを変えるときはチューブも考慮しないといけません。

 

 では、サクサクと交換してしまいましょう。

【Before】

f:id:hinokinatsume:20190623225743j:image

【After】

f:id:hinokinatsume:20190623190634j:image

 タイヤサイドの色が変わっただけですが、けっこう印象が変わります。

やっぱり新しいタイヤはいいっすねー

f:id:hinokinatsume:20190623190646j:image

 規定値MAXまでエアを入れて幅28.5mm。トレッド面は最近のスリックタイヤを見慣れてしまうと少し古めかしい感じがしますネ。

 細いタイヤと違って走り出しはもったりした感じがありますが、走っていると重さはあまり感じません。操縦性は非常に素直で良いです。コシがあって穏やかな乗り心地。同じ28cでも乗り心地は良いほうじゃないかな。。。

 正直あまり安くはないけれど、国産かつ乗り心地と重さ、グリップ感などのバランスがよく、安心感のある良いタイヤです。

 

 ただ本格的なグラベルはどうかな?このタイヤでは少しキツイかもしれない。

 荒れた舗装路とか、フラットダートぐらいまでが無難かな:)