NAtsume.note

Something about cars, bikes, cooking and many other things.

効率よく仕事をしたい

 今春、会社で大規模な人事異動がありました。

 僕の職場は物流倉庫ですが、半分ぐらいの社員が入れ替わりました。なにが起こったかというと、上司先輩がすっかりいなくなってしまい、自分が現場をまとめる立場になってしまいました。いまのところ、

僕の上には所長しかいません。

 

 でもまあ、いい機会でもあるので

いままで疑問に思っていたところは全部変えてやろうと思います。

 ごちゃごちゃして無駄なところ多いし!!

 

 なにかを変えようとするときは 柔軟な発想が大切ですね。 

 得意なほうではありませんが、仕事ですから避けるわけにもいきません。

 慣れた人ほど「いままではこうだったから」という固定観念に縛られがちです。本来あるべき状態、仕事の目的(目標)がどこにあるのかを考えながら、作り変えていきたいと思います。

 

Ex.『ある製品を検品・梱包する』仕事を行う場合に

 「作業を行っている時間」が長ければ長いほど、同じ量を作るならより早く、同じ時間内なら多くの作業量がこなせる。「作業をしていない時間(材料を移動させる、包材を取りに行くなど作業以外の時間)」を減らせば、そのぶん使える時間が長くなり、結果的に生産性も高まります。

→ 必要なものはすべて作業場の近くに配置する

→ 梱包の済んだ製品は作業場ではなく、出荷場の近くにまとめる

 と、こんな考え方で物品の配置(ロケーション)を決めていきます。

 

 物流倉庫における売上というのは「坪あたりいくら」の場合と「1個(1製品)いくら」の場合があります。これに入庫の際の荷役料、荷姿変更などの作業費、検品費用などがプラスされます。

 

また「誰に、どの仕事を振るか」も同時に考えていかないといけません。

 作業は早いけど雑な人、少し遅くても丁寧な人、人間ですから、いろいろいます。1人にあまり多くの仕事を振りすぎるとパンクしてしまう。この人はどのぐらいまで容量があるのか?様子を見ながら、その人の特性に合った仕事を振ってあげたいと思います。

 上手くいけば、全体的な作業効率も良くなり、各々の負担もかなり減る… と思う。

 同じ仕事量をこなすのであれば、より早く、より楽にやりたいものです。

 

 

今日のお弁当

鶏唐揚げ甘酢あん、焼き鮭、炒り卵

f:id:hinokinatsume:20190514235457j:plain