NAtsume.note

Something about cars, bikes, cooking and many other things.

『じてつう』 通勤で自転車を使おう

 こんにちは。勤め人の方は、普段どんな通勤手段を使っていますか?多くの人は電車で通勤しているんじゃないでしょうか。

 僕のように物流業界にいる人は車通勤かな。トラックドライバーは車かバイク通勤の人が多いです(午前4時など早朝の出勤だと電車がないので…)。

 東京の満員電車の混雑ぶりは異常ですよね。僕は20代半ばまで23区内で働いていたので、その混み具合はよく知っています。電車にギュウギュウに詰め込まれて、毎日ウンザリしていました。なんかもう、人間扱いされている気がしません。

マジでどこでもドアがほしい。

 

 ところで、スーツを着てクロスバイクやミニベロで走っている人、朝の都心でもけっこう見かけます。あれはそういう宗教の人ではなく、自転車で通勤しているのです。

 僕は車通勤ができなくなって地下鉄+自転車の通勤に変えました。天気が良ければ自宅から自転車で行くこともあります。距離的には15kmほどなので、1時間もかかりません。雨さえ降らなければけっこう快適。

 ロードバイクだと荷物を背負わなければならないので、通勤にはクロスバイクを使っています。リアキャリアと泥よけ、スタンドも装備した通勤仕様です。

 電動アシスト車も実用的でいいですよね。最近は女子高生も電動アシスト車に乗っていたりして、信号スタートでブチ抜かれます 笑

f:id:hinokinatsume:20190331204232j:plain
写真はイメージです

 

 

■自転車通勤のいいところ!

・満員電車からの解放

 すし詰めの満員電車が好きだという人は特殊な変態だけだと思います。僕には無理です。朝からストレスMAXになる満員電車から解放される。これだけでもすごいメリットを感じます。

・時間が自由になる

 乗り換えの時間を気にしたり、遅延にイライラすることもなくなります。自転車でも時間的なゆとりは必要ですが、電車に比べればストレスフリーです。

・午前中の仕事の効率がよくなる

 身体を動かすことで脳みそが目覚めるのか、朝の仕事が捗ります。

・通勤時間が軽いスポーツになる

 適度な有酸素運動。自転車は健康にいい。環境にもいい。ついでに気持ちもいい。

 自転車で通勤するとほとんどの人は痩せると思いますが、調子に乗ってバクバク食べていると逆に太ります(食べすぎはいけません 笑)。

 

■自転車通勤のデメリット

・雨が降ったらもちろん濡れる

 レインジャケットは必須(傘差し運転はダメ!)。ツバのある帽子があると顔に飛んでくる雨粒が避けられて少しはマシです。濡れた路面で滑って転倒するリスクもあります。雨や風の強い日は無理せず電車、そうでないときは自転車で通勤というのが一番現実的かもしれませんね。

・事故やパンクなどのトラブル

 事故は自分が気を付けていても遭遇します。事故処理にかなり時間を取られるので、まずは会社へ連絡。怪我の有無・程度によっては休まなければならないかもしれません。こういうリスクもあることは想定しておきましょう。

 パンクもどんなに気を付けていても起きるときは起きます。路上で修理するハメになるので、多少のゆとりをもった時間設定が大切です。

・夏は汗や日焼けに注意

 真夏の自転車通勤は汗だくになります。職場にシャワー室があれば理想的ですが、せめて絞ったタオルで身体を拭くぐらいはしておきたい。着替えやタオル、制汗スプレーは必要です。気温の高い真夏日は無理せず電車を使うほうが個人的には良いと思います。

・会社のルールは事前に確認

 僕が働いている会社は、自宅からの距離で交通費を支給されるため通勤方法は問われません。通勤手段の申告は事前に必要です。このへんは会社によって変わってくるので、自転車通勤そのものがOKなのかも含めて確認しておきましょう。安全上の理由から自転車での通勤を禁止している企業もあるからです。

 ちなみに電車の通勤費をもらいながら自転車で通勤してお金を浮かせる行為は『横領』にあたるそうです。ポッケに入れちゃいけませんよ~!

 

 

 自転車通勤にちょうどいい距離は10km圏内だといわれています。時間的には30~40分ほど。20kmを超えるようだと不慣れな人にはかなり厳しいです。

 天候に左右される部分が大きく不便なところもありますが、自転車にしかないメリットも十分にあります。個人的には自由度の高さが最大の魅力ですね。

 なるべく楽しく、安全第一でいきましょう:)