NAtsume.note

Something about cars, bikes, cooking and many other things.

ピンクのミニベロ

■ R&M BD-frog

 

 R&M(Riese und Müller) BD-1といえば、かつてはガジェット的な存在で人気を博したモデルです。なにより自転車らしくないデザインが当時は非常にカッコよかったんですね。フロントフォークの設計にやや難があって操縦性にはクセがありましたが、ま~乗っている人は多かったです。いまでもけっこう見かけますよね。

 折り畳みだと、最近はブロンプトンが人気あるのかな?あっちはいわゆる「高級ミニベロ」の部類だと思いますが…

 

 うちにはBD-1の弟分的な存在の『BD-frog』がありました。

 2011年の最終モデルです。

f:id:hinokinatsume:20190206234045j:plain

 ご覧のとおりのピンク。ピンク一色。

 さくら色のようなやわらかいピンクじゃなくて、もっと濃いショッキングピンクみたいな色です。正直これは乗る人間を選ぶ自転車だと思いますねー。だってこれ、むさ苦しいオッサンが乗ってたらイヤでしょ笑

 

 シングルスピードに見えますが、シマノの「NEXUS インター8」という内装8段ギアがついてます(スポーツ用の内装変速機は動作もスムーズで高性能ですよ~)。でもまあ、スピードを出して走るようなミニベロではありません。そうですねぇ、気持ちよく走れるのは25km/hぐらいまででしょうか。乗り心地は太いタイヤと前後サス付きなので非常によく、一日中乗り回すのも苦になりません。ピンク色はやたら目立つので、街乗りにはちょっと人目が気になるかもしれませんが…

 BD-1のパーツがポン付けで使えるので、サスペンションとハンドル周りなんかを交換してカスタムしました。1年ぐらいは手元に置いてたかなぁ?もともと生産数も少なくて、いまではとても希少なミニベロです。

 このカラー(マゼンダ)は特に少ないらしい。 

f:id:hinokinatsume:20190206234351j:plain

 タイヤ径は16インチと小ぶりでかわいい感じですが、中身はちゃんとしたフォールディングバイク。メインフレームを畳まない構造なので剛性感はかなりあります。折り畳みの手順もBD-1とまったく同じです。

 個人的には再販してほしい一台ですね:)