NAtsume.note

Something about cars, bikes, cooking and many other things.

ロードバイクのタイヤ

 ■コンチネンタル・ウルトラスポーツ2

 

 コンチネンタル(Continental AG)はドイツのタイヤメーカーです。

 ドイツっていうと、そう、ジャガイモとソーセージ(ヴルスト)と、それからキャベツのアレ、ザワークラウトか。あとアイスバイン、シュニッツェル、フラムクーヘンと…浮かんでくるイメージが食べものばっかりです。ええ。

 ドイツ料理はハーブやスパイス、岩塩などを使った素朴な味わいのものが多いように思います。機会があればお試しください。旨いですよ:)

 

 脱線しましたね。笑

f:id:hinokinatsume:20181121221111j:plain

 コンチネンタルは、自動車のタイヤでは有名なメーカーですね。個人的には高級感というより質実剛健なイメージがあります。ちなみに欧州でのメーカー純正装着タイヤではNo,1のシェアを持っているそうです。

 で、自転車のタイヤでもコンチネンタルは人気がありまして、個人的にも一番多く使ってきたタイヤです。周りで使っている人も多いので、ここのタイヤ好きな人は多いんじゃないでしょうか。少し固めですが、転がりがよくコーナーでのグリップ感もあって、パンクにも強いってのが美点です。

 

 ウルトラスポーツは標準的なグレードのタイヤです。同じコンチネンタルでも、「グランプリ4000S」のような本気のレース用タイヤと比べちゃいけません。通販で買えば2本で4,000円前後と手に入りやすく、そのわりに評価が高くてコストパフォーマンスに優れています。この価格帯でこれ以上のものはちょっと見当たらないかも。

 あまり安いタイヤは乗っていて怖いんですよね。止まれないし、滑ります。予算の許す限りタイヤは良いものを選ぶべきです、本当に。もっとも、高級品が良いのはあたりまえの話で、こういう普及品の性能が良いっていうのは僕のような一般ユーザーには非常にありがたいことです。

 

 サイズは最近流行りの25c(約25mm)。昔はロードのタイヤといえば20cや22cぐらいの、ほっそいタイヤが普通でしたが、25cのほうが転がり抵抗は低いらしいです。つまり低燃費ってことですね。まあ数%でしょうけど。腹ペコで動けなくなるとほんまにしんどいからね。自転車だってエネルギー効率が良くなったほうが良いです。

 やっぱり姿形は細いタイヤのほうがシュッとしていてかっこいいですが、タイヤが太くなると単純にエアボリュームが増えるので乗り心地も良くなるはず。

f:id:hinokinatsume:20181121221923j:plain

 なお、おっさんサイクリストのスマイルがパッケージの特徴です。