NAtsume.note

Something about cars, bikes, cooking and many other things.

チネリ RAM …のワイヤー通し

■RAMのワイヤー通しはめんどくさい

 

 この手の製品は様々なブランドから販売されてますが、RAMはなにより色気のあるデザインがいいです。近所の子どもたちにも「なにこれ!すげー!」と言われること間違いなしです(言われた)。

 さらにさらに、派手カッコいいカスタムペイントを施したスペシャルバージョンもあったりします。たしかステム一体型ハンドルバーでカスタムペイントを施したのはRAMが最初だったかと。。。

f:id:hinokinatsume:20181113220101j:plain

 2003年Saecoチームでジロ・デ・イタリア総合優勝を果たしたジルベルト・シモーニキャノンデール・CAAD7。こんなド派手なペイントが許されるのはエース級の選手だけです。2010年に引退しましたが、ジロ・デ・イタリアでは2回も総合優勝しています。ちなみに彼はジャパンカップでも走ったことがあります(もちろん優勝)。

 このスパイダーと、他にヒョウ柄LEOPARD)のRAMが市販されてました。かっこいいけど、これはちょっと勇気が要りますね。笑

 

 さて、このRAMカーボンハンドル。構造的にはフォークコラムに取り付ける部分をアルミで作ってあり、HMカーボン(高弾性率タイプの炭素繊維)製のステム〜ハンドル部分を接合して作られています。がっちりとした剛性感があり、体重をかけてこじってもよれるような感覚は全然ありません。

 ただ残念なことに、一体型のためハンドルの角度はまったく調整できないというデメリットがあります。それとフルカーボンのくせにあまり軽くないので、軽量化マニアの方には好まれないでしょう。

 まあ細かいことはいいんです、かっこいいから:)

f:id:hinokinatsume:20181108222235j:plain

f:id:hinokinatsume:20181105231349j:plain

実はほとんど組み終わっていたりします

 

 ワイヤーは内装式で、組み上げたときスッキリした外観になります。それは良いのですが、このワイヤー通しで苦労している方もけっこう多いようです。実際やってみると、なんだろう、変なところに穴があってやりにくい(文化の違いなのか?こういうところの設計は大雑把な気がします)。バーテープ巻いたら隠れるんだから、もう少し長穴にしといてくれよと思ったのは僕だけじゃないはず…

 そんなわけで、ワイヤーを通すにはちょっとした工夫が必要です。要は中に通したワイヤーを、先端が丸い道具で拾ってあげれば良いわけですね。クリップを曲げたものを用意して、これでワイヤーを拾うことにしました。たぶんヘアピンなんかでもできると思います。

f:id:hinokinatsume:20181113223610j:plain

下からのぞくとこんな感じ。。。

 シフトワイヤーよりブレーキワイヤーのほうが内部で曲がる角度がきついので、こちらを先に通したほうがよさそうです。まず、インナーワイヤーをブレーキレバー側の穴から入れ、ステム側の穴に向けて送ります。ステム側の穴をのぞいてワイヤーの先端が見えたら、前述の小道具で先端を拾い、そのまま引っぱり出します。

 インナーワイヤーが通れば、それをガイドにしてアウターを通します。こんな具合で4本通せばできあがり。手先の器用な人なら15分もかからないと思います。

 変速の引きが重くなるなんて話も聞きますが、純正ワイヤー(新品)で組む限りではシフト/ブレーキとも特に違和感は感じませんでした。取り回しがきつい分、通常より少し余裕を持たせて組んだほうが良いのかもしれませんね。 

 

 肝心の穴の位置が左右で微妙にズレているのはご愛敬です。

 まあイタリア製だし…