NAtsume.note

Something about cars, bikes, cooking and many other things.

ミニベロ サドルを変えてみた

■VELO クラシックサドル

 

 サドルを純正品から変えました。

 VELOのクラシックタイプです。

f:id:hinokinatsume:20180811175441j:plain

 鋲打ちのせいか、ぱっと見はそこそこ立派に見えます。

 実は合皮なのでとても安価です。お財布にやさしいです。しかし、安いサドルがダメってことはありません。大事なのは形状、つまり自分のオシリとの相性です。要するに座ってみないとわからないってことでして、これがサドル選びの難しいところでもあります。

 趣味でスポーツサイクルに乗っている方はだいたい何個もサドルを買っているんじゃないでしょうか。『サドル探しの旅』なんて言葉があるくらい、様々なサドルがあります。オークションサイトにもたくさん出品されていますね。

 

 個人的には最近流行りの穴あきサドルはどうも苦手です。あと座り心地もへったくれもない超軽量サドル。競技用では70gもないサドルの形をしたカーボンの板も売っています。

f:id:hinokinatsume:20180811175609j:plain

 サドルの厚みが減ったせいか、全体的にも少しスッキリした感じがします。

 

f:id:hinokinatsume:20180811175248j:plain

 鋲頭がメッキされていますが、すでに若干くすんでいました。このへんは値段なりかなぁ。表皮は革風に加工されていますが、やや滑る感じがします(合皮だからネ)。

 

 ベースがあまりしならないので硬めの乗り心地ですが、座ってみると骨盤がピッタリおさまるところがあって、なかなか悪くないです。デニムのパンツでも普通に乗れます。スピードを出すような自転車じゃないので、普段着で乗れるのは大切なことです。

 座るとお尻が一箇所におさまる感じ。サンマルコ・コンコールやリーガルのような、ひと昔前のサドルに似ている気がします。こういう上面が湾曲したサドルは腰がピッタリ安定しますね。

f:id:hinokinatsume:20180811173534j:plain

復刻版のコンコール。

 

 チネリのヴィゴレッリ・ピスタ。これは固定ギア=後輪の動きがペダルの動きと直結した自転車です。足を後ろに回せばバックすることもできます。英語でいうと「Fixed gear」、スラングでFIXIE、FIXとかいいます。変速機もフリー機構も持たない超シンプルな自転車。フリーがないので普通の自転車のように走行中に足を止めることはできません(急に足を止めると自分の身体が吹っ飛びます 笑)。

 乗りにくそうに思えますが、実際乗りにくいです('ω')

 

 でも、不自由だから楽しいともいえます。

 それをいったらミニベロだって、走行性能は低いし安定性も悪い、がんばってもロードバイクには及ばない、自転車としてはデメリットのほうが多いぐらいです。利点といえば小回りがきくことぐらいですけれど、実際に走らせてみると不思議な魅力があったりする。FIXEDも似たようなところがあります。

 

 人間、少しばかりの不自由さも楽しめる余裕がほしいところですね:)