natsume.blog

Something about cars, bikes, cooking and many other things.

ヘルスケア手帳(アプリ)ってなに??

■進化する薬局

 

 今日は病院の日でした。

 前回の採血の結果を聞き、検査(心電図)。どちらも異常所見なしとのことで、処方薬の大幅な変更はありませんでした。変わったのはビムパット錠が0.5錠 → 1錠になったことだけです。3種類の抗てんかん薬を服用しているためか、少しずつ様子を見ながら増量しています。

 

 薬は主に院外処方ですが、病院が混雑しているってことは薬局もやっぱり混み合うんです。敷地の隣に5~6軒の薬局が軒を連ねています(僕はいつも同じ薬局を利用しています)が、待ち時間は短くても30~40分は掛かります。待ってる間に軽く寝れますね。それだけ患者が多いってことですかね~。

 

 そして今日、薬剤師のお姉さんから『いつもお待たせしてしまっているので、よかったら』とご案内いただいのがこちら。

 

ヘルスケア手帳

f:id:hinokinatsume:20180419201350j:plain

 使い方は、

 病院の処方箋をカメラで撮影 → アプリで送信 → 会計待ちの間に薬局で調剤 → 薬の準備ができたらお知らせが届く → 都合のいい時間に処方箋(原本)とお薬手帳をもって受け取りに行く

 という流れのようです。こんなアプリあるんですね。すげー。

f:id:hinokinatsume:20180419202302j:plain

iOSAndroidとも対応しています。

 

 さっそくDLしていじってみました。自分のプロフィールと、主に利用している薬局を設定したら使えるようになります。シンプルで良いです。

 服用中の薬の管理(何時にどの薬を飲む、など設定すればアラームでお知らせしてくれます)、処方された薬の履歴、アレルギーや飲み合わせなど薬の情報を薬剤師さんと共有する、なんてこともできるようです。

 患者さんにとっては待ち時間が減り、薬剤師さんも早く薬を準備できて生産性が上がる、お互いにメリットのあるアプリですね。

 

 「お薬手帳」のスマホ版、といった感じでしょうか。 

 次からは実際に使ってみようと思います:)