natsume.blog

Something about cars, bikes, cooking and many other things.

備忘録:病気のこと、途中経過

 先週、有休を取って病院に行きました。電車で2時間ほどかかる距離のため半休では間に合わず、丸一日お休みです。

 2月に受診した際「マイスタン」を処方されていますが、症状としてはあまり変化がないことから「ビムパット」という別の薬が追加になりました。

 この薬は2016年7月に承認されたばかりの新薬です。既存の抗てんかん薬とは異なる作用機序を持つため、他の抗てんかん薬で十分な効果が認められない患者に対する併用療法に使うようです。

f:id:hinokinatsume:20180324110628j:plain

 

◾️現在の処方薬

 

 パンフレットをいただいたので帰りの電車の中でざっと目を通してみました。内容的には最高用量や作用機序のような詳しいことは何も書かれていないので、webで検索したほうが正確な情報がわかるという、ちょっと残念な冊子です。副作用についてはまともに書いてありましたが、1ヶ所どうも気になる文言が。

f:id:hinokinatsume:20180324110235j:plain

 この「特に気を付けていただきたい副作用」の2番目

『この世から消えてしまいたい気持ちになる』

 

…え、そんな副作用あるの?汗

 

この世から消えてしまいたい気持ちってどんな気持ちなんだろうか。。。

 

 web検索では特に見つからなかったので、臨床試験中にそういう事例があったんでしょうか。仮にそうだとしても製薬会社はそういう情報が表に出るの嫌がりそうですけどねぇ。現実的には承認された薬ですから稀有な事例だろうとは思いますが。

 

 前の薬で薬疹が出たこともあるので、薬の種類が増えると副作用は少し気になりますね。ドクターからの説明では、他の薬と同様に最小用量から服用をはじめて、副作用の有無を見ながら少しずつ増量していくということでした。

 それと、ついでだからってことでマイスタンの血中濃度を見るために採血。この日は看護師さんではなく「臨床検査技師」の名札をぶら下げた若いお姉さんが採血してくれましたが、ちょっと痛かったです。こういうのは年配の看護師さんのほうが個人的には安心感ありますね。。。