B&W P7 ヘッドホン

■Bowers & Wilkins P7

 いつも寝る前の1時間ぐらい、音楽を聴いていることが多いです。

 夜は子供を早く寝かせているのでスピーカーは使いません。

 でも、いい音で聴きたいのでヘッドホンが好きなのです。

 そんなときの相棒。 

 

f:id:hinokinatsume:20180321210050j:plain

 イギリス・バウワース&ウィルキンスの『P7』です。

 ヘッドバンドの本革の質感、そこからハウジングに伸びるアームの曲線美、革靴を履いたビジネスマンような雰囲気。すんごく良いです。日本ではなかなか生まれないデザインじゃないかと思います。

 B&Wは高級スピーカー専門メーカーとして有名(最上位の『800 D3』だと450万円もします…)ですが、イヤホン/ヘッドホンには興味なかったらしく、そこまで高価な製品は作っていません。最上位モデルの『P9 Signature』でも10万円前後、もっと高価なヘッドホンを作るメーカーはいくらもあります。本業はあくまでスピーカーであって「そんな余裕があるならウチのスピーカーを買え!」と思っているのかもしれませんね。

 

 

f:id:hinokinatsume:20180321210543j:plain

 外箱からして猛烈にかっこいいんですが…

 

f:id:hinokinatsume:20180321205947j:plain

 中身もこんなです。うーん素敵。

 ご覧のとおり折り畳み可能です。インピーダンスは22Ωなのでスマートフォンでも問題ないです。分類するならポータブルヘッドホンになりますが、その割にはゴツい。モバイルにはギリギリのサイズかもしれない。SONYのMDR-1と同程度かと。

 

 装着感は側圧が強い印象ですが、イヤーパッドがソフトで耳がすっぽり包み込まれるような構造のため案外快適。これよく出来てます。数時間つけっぱなしでも大丈夫です。でも、夏は暑いかな。

 イヤーパッドはマグネットでくっついており簡単に外せます。外したところにケーブルが刺さっており、簡単に外すことができるので、リケーブルも容易です。なかなかユニークな作り。

 

 音質的には中低音域が得意、華やかですっきりした音という印象です。女性ボーカルやギターの音色がきれい。ジャズも良いです。聴いていて臨場感があります。

 でも、この価格帯なら他の選択肢もあるかなぁ…という感じもします。そのへんは個人差があるので、興味をお持ちの方はぜひ視聴されてみると良いと思います:)