natsume.blog

Something about cars, bikes, cooking and many other things.

メガネは顔の一部です

メガネのある生活

 僕は日常的にメガネを使っています。もともと視力は良いほうで、高校生ぐらいまで両方2.0ありましたが、ゲームやパソコンをするようになってから落ちてしまい、成人するころには1.0~0.8ぐらい。車とバイクの免許は裸眼で取りましたけど。

 30歳をすぎたあたりから、なんとなく遠くの標識や掲示物が見えにくいと感じることが多くなりました。調べてもらったら近視+おまけに乱視も入ってるとのことで。それからメガネを使うようになった次第です。

 メガネをかけると、気持ち悪いぐらい遠くまでよーく見えます。いまは裸眼で0.6~0.8なので、なくてもそんなに困らないんですけどね…遠くの小さい文字が見えないだけなので。 

f:id:hinokinatsume:20180131215949j:plain

 オークリーのメガネフレーム「Hollow point 4.0」を使っています。

 細身のストレートテンプルで、マットブロンズカラー。同社のスポーツサングラスと同じく、走ったりしてもまったくずれないところが良いです。これにポリカーボネートレンズを入れてもスポーツサングラスのような強度はないということなので、基本的にはスポーツ用ではなく、あくまでメガネ用のフレームだそうです。

 すっきりしたデザインで気に入っていますが、もう廃版なので大事に使っていきたいと思います。

 

 ところで僕は俳優の的場浩司さんに似ているらしいです。飲食店で働いていたころ、お客さんからよく言われてました。検索したら任侠映画などに出演されてる方で、すげぇ悪人顔(ゴメンナサイ)でビビりました。

 自分ではあまり似ていると思いませんが、そういうものでしょうか…