natsume.blog

Something about cars, bikes, cooking and many other things.

車に乗れなくなりました

一年の終わりを迎える忙しい時期に、えらいことになってしまいました。

 

半年ほど前から続いていた不眠と、睡眠中に身体が動く謎現象について。

結局地元の内科では判断がつかず、専門医を紹介してもらいました。

2日間、入院して脳波の検査。

それと問診、MRI、血液検査、等々。

診断結果は「前頭葉てんかん」でした。

 

 

ドクターから説明を受けるまでは、

てんかんって、あの意識がなくなってぶっ倒れて痙攣するやつ??」

ぐらいの認識でしたが、これには30種ほどの分類があり、僕のように睡眠中に起こるものや、意識があるものと意識を失うもの、全身痙攣はなく一定の動作を繰り返すものなど、人によって様々な発作を起こすようです。

現象としては、脳の情報を伝達する「電気的な動き」がおかしくなっている(=異常な放電が起きる)状態で、脳疾患の一種です。

で、異常な放電が脳全体で起きるか、脳の一部だけで起きるかによって様々な症状が出るということなんですね。だから入院して脳波を調べれば一発でわかると。前頭葉てんかんについては、発作を起こすのは30~40歳代に多いそうな。。。

 

しかし、頭では理解できても、「なんで僕が?なんでいま?なんでよりによっててんかんなの?」という気持ちが、なかなか整理できません。

いままで同様の症状が出たことはないし、家族や親戚にもてんかん持ちはいません。頭を強く打ったりもしていない。MRIでの検査で脳腫瘍や脳血管障害も否定されました。原因がよくわからないという状態なんですね。病名がはっきりしたことに安堵してもいますが、正直に言って、それをすんなり受け入れられない自分がいます。

f:id:hinokinatsume:20171129205751j:plain

治療については、現在の医療では薬で8割の人は症状を抑えられるそうで、まずは錠剤の服薬から始めることになりました。処方薬はテグレトールです。

この薬、効果も副作用もはっきり出るので、これで普通の人と同じように働けるのか少し心配です。てんかんの発作は正しく服薬していればまったく出ません。およそ半年ぶりに気持ちよく眠ることができて、感動しました。多少、頭痛がありますが…

 

僕は職業ドライバーなので、もちろんこういう診断が出た以上は運転を仕事にすることはできません。会社には検査を受ける段階で報告しています。いまだに偏見が根強い病気でセンシティブな話なので、いまのところ内密にしてもらっています。

先のことは上司と相談してからになりますが、しばらく引継ぎをしてから、事務関係などの内勤に回ることになりそうです。デスクワーク苦手なんだけどなぁ。