natsume.blog

Something about cars, bikes, cooking and many other things.

ロードバイクのホイールを交換する

『MAVIC/コスミックカーボンSSC SL』

f:id:hinokinatsume:20171115202449j:plain

ひと昔前に流行ったホイールですね。

最近はリムどころかスポークまでカーボンのホイールもありますが、これはアルミリムにカーボンカウルを接着するという、ややこしい構造を採用しています。開発された当時はカーボン自体がまだ新しい素材で、リムまで成型する技術を持っているところは少なかったからでしょうか。フレームの素材もアルミが主流で、カーボンフレームを作るメーカーは限られていました。 

f:id:hinokinatsume:20170521073130j:plain

さすがに旧世代のホイール、ちょっと重いですが…重いぶん負荷はかかるので、レース志向の人には練習用に良いと思います。より負荷をかけたい人は、これを履いて暗峠を登りにいくとか自転車でタイヤ引きでもするのがお勧めです。

初期モデルは前後とも16本スポークとけっこう危険な構造でした。カウルの部分は指で押すとへこむぐらいペラペラなもんで、MAVIC自身もさすがにヤバイと思ったのか、後輪はその後20本に変更されています。当時リム高50㎜もあるホイールは新鮮で、エアロ系では一番売れたホイールなんじゃないでしょうか。『~SL』に名称が変わってからリムやハブも改良されたらしく、多少は軽量化もされています。いや、マシになっただけで重たいですけどね。

 

後輪のスプロケットを移植します。

使う工具は(左から)小ギア抜き工具、ロックリング抜き工具、モンキーレンチの3点です。ロックリング抜きは僕の持っている唯一のCampagnolo純正工具。。。

f:id:hinokinatsume:20171115200547j:plain

f:id:hinokinatsume:20171115201237j:plain

小ギア抜きは「棒チェーン」とか呼んでましたね 笑

ロックリングを緩めるときは、こうして立って作業すると楽ちんです。このときモンキーやロックリング抜きが急に外れることがあるので、注意して力をかけていきます。

f:id:hinokinatsume:20171118202203j:plain

外したスプロケットは一度バラして洗浄してあげましょう。

細かいところは古い歯ブラシなんかがあるとやりやすいです。