natsume.blog

Something about cars, bikes, cooking and many other things.

社外ステアリングを使ってみた感想

先日交換した『シルクブレイズ・スポーツステアリング』

毎日の通勤で使っているものなので、その使用感について書いてみます。 

f:id:hinokinatsume:20171106202926j:plain

まず握った感触について。革巻きの部分はやや太めの作りで、9時15分の位置で握ると手にピッタリ収まる感じです。ピアノブラックの部分は若干細く、元のウレタンステアリングと同じぐらいでしょうか。素手で持っても操作はしやすいです。ただし当然ですがここは触ると指紋が残ります。

革の手触りは、純正の革巻きステアリングのようなさらっとした感触はなく、固めでカッチリした印象です。あまり滑る感じはしません。革の部分はすべてパンチングですが、手触りだけでいえばフラット革やバックスキンのほうが良いと思います。

 

■ここが気になる

1.素早いステアリング操作をすると形状に違和感がある

大きな操作をしてステアリングを持ち替える際、形状に凹凸があるために、やや違和感を感じます。誰が使っても自然に手に馴染むのはスタンダードな形状なのかも。そういう意味では純正のステアリング形状はよく考えて作られていますね。

2.革とウッド部分の感触の差が気になる

これは僕がコンビステアリングを使い慣れていないのも原因だと思いますが、特に境目の部分を握ったときの感触の違いが気になりました。手触りが違うせいでしょうか。僕にはオールレザーのステアリングのほうが合っているような気がします。

3.ピアノブラックは指紋が目立つ

買う前からなんとなく想像はついていましたが、指紋や手の跡がちょっと気になります。ウォールナットやポプラウッドのような明るい色なら気にならなかったかもしれませんが、ツヤツヤの黒いピアノブラックでは目立ちまくりです。メガネ拭きを車内に常備するか、手袋して運転すれば解決するのだろうか。

 

エアバッグのことを考えなければ、モモやナルディなど他の社外品の選択肢もありますが、自動車保険にも絡んでくるので、純正エアバッグ対応というのは重要なところ。

個人的には、使ったことがある中ではナルディクラシックが好きですね。