natsume.blog

Something about cars, bikes, cooking and many other things.

サドルとシートポストの話

ピナレロ純正のカーボンシートポストを見つけました。同年代の製品です。

ガリレオのシートポスト径は27.2㎜と一般的なサイズ。もともとは何かよくわからんメーカーのシートポストが付いていました。一本締めのよくあるタイプ。当時物のピナレロ純正品なんて見逃したらたぶん二度と買えないので即買いです。中古にしても普通フレームとセットで売ると思うので、単品で売られているのは珍しい気がします。

製造はイタリアのWRコンポジッティ社、当時の販売価格で2万円以上する高価な代物でした。このピナレロマーク入りのパーツは他にも完組ホイール(アンブロシオ)、ハンドルステム(デダ)、シートクランプ(ミケ)などいろいろありました。主に完成車用として作らせていた物だと思いますが。

f:id:hinokinatsume:20170918134114j:plain

f:id:hinokinatsume:20170918133643j:plain

分解してまずは掃除。二本締めで細かい調整ができるタイプです。

最新のカーボンシートポストに比べると少し重さを感じます。

f:id:hinokinatsume:20170918143420j:plain

サドルはサンマルコ・エラです。基本通りサドルトップが水平になるように調整します。前後の位置は実走して決めます。一度決めてしまえば触ることはほとんどありませんが、このシートピラー前側の調整ボルトがものすごく回しにくいです。専用の工具でもあるんだろうか。なぜこんな構造にしたんだイタリア人。

僕のお尻は穴あきサドルはまったくダメで、フライトチタンやエラのようなスタンダードな形状のサドルが合います。いまよりずっと体重が軽かった学生時代も同じ。表皮もパッドもないフルカーボンサドルを使ったこともありますが、しなるせいか意外と快適でした(滑るのが嫌ですぐ外しましたが)。

男性のEDの予防に穴あきサドルは有効らしいですが、素人がサドルが原因でEDになるとは正直思えないので、商品を売りたいメーカーの陰謀だと僕は思ってます。