natsume.blog

Something about cars, bikes, philosophy, cooking and liquors.

サドルとシートポストの話

ピナレロ純正のカーボンシートポストを見つけました。同年代の製品です。

ガリレオのシートポスト径は27.2㎜と一般的なサイズ。もともとは何かよくわからんメーカーのシートポストが付いていました。一本締めのよくあるタイプ。当時物のピナレロ純正品なんて見逃したらたぶん二度と買えないので即買いです。中古にしても普通フレームとセットで売ると思うので、単品で売られているのは珍しい気がします。

製造はイタリアのWRコンポジッティ社、当時の販売価格で2万円以上する高価な代物でした。このピナレロマーク入りのパーツは他にも完組ホイール(アンブロシオ)、ハンドルステム(デダ)、シートクランプ(ミケ)などいろいろありました。主に完成車用として作らせていた物だと思いますが。

f:id:hinokinatsume:20170918134114j:plain

f:id:hinokinatsume:20170918133643j:plain

分解してまずは掃除。二本締めで細かい調整ができるタイプです。

最新のカーボンシートポストに比べると少し重さを感じます。

f:id:hinokinatsume:20170918143420j:plain

サドルはサンマルコ・エラです。基本通りサドルトップが水平になるように調整します。前後の位置は実走して決めます。一度決めてしまえば触ることはほとんどありませんが、このシートピラー前側の調整ボルトがものすごく回しにくいです。専用の工具でもあるんだろうか。なぜこんな構造にしたんだイタリア人。

僕のお尻は穴あきサドルはまったくダメで、フライトチタンやエラのようなスタンダードな形状のサドルが合います。いまよりずっと体重が軽かった学生時代も同じ。表皮もパッドもないフルカーボンサドルを使ったこともありますが、しなるせいか意外と快適でした(滑るのが嫌ですぐ外しましたが)。

男性のEDの予防に穴あきサドルは有効らしいですが、素人がサドルが原因でEDになるとは正直思えないので、商品を売りたいメーカーの陰謀だと僕は思ってます。

 

ドアハンドルプロテクターを貼る

車のドアハンドルのひっかき傷、以前から気になっていました。

僕自身はドアノブを指でつまんで開けるぐらい普段から気を付けているんですが、やっぱりいつの間にか増えて傷だらけになるんですね。そしてなぜかいつも開けないドアにもひっかき傷が多数あるんですね。なんでやねん。妖怪でもいるのか。

気になりすぎてとうとうドアハンドルプロテクターをつけることにしました。

f:id:hinokinatsume:20170917100848j:plain

f:id:hinokinatsume:20170917102424j:plain

ストリームにはどうやらエディックスの純正品がピッタリらしいんですが、残念ながらメッキタイプしかないんです。4枚6,300円也。うちのようにドアハンドルが同色の車にこれは似合わない。明らかに浮いてるメッキパーツ貼り付けて喜んでる田舎ヤンキーみたいで、ええ歳のおっさんには恥ずかしいわ…というわけで無限のドアハンドルプロテクターを選びました。カーボン柄のラバータイプで柔らかめの素材です。

取説には『貼り付けの前に仮合わせして、マスキングテープを使って位置出しするんだよ』とご丁寧に書かれていましたが、「まあ大体こんなもんだろ」と適当に貼ってしまいました。素材自体はよく曲がるので、けっこう作業しやすいです。よーく見ると微妙にずれてますが、裏面は強力両面テープになっており、たぶん二度と修正はできないと思われます。

f:id:hinokinatsume:20170917102346j:plain

さりげなく無限ロゴ入りでかっこいい。

 

ピナレロ その2

Pinarello Galileo

某オークションにて「安かったからなんとなく入札したら落札できちゃった」という、実にテキトーな、運が良いというか棚ボタ的なご縁で僕のところへやってきたガリレオ。これね、2001~2003年ぐらいのモデルで、要するに15年前の自転車ですから…新しくもなく古くもない、中途半端な年式なわけです。

しかしピナレロのアルミフレームといえば90年代に黄金期を築いたケラルライト、パリと続く名車の系譜。パリもずいぶん売れたはずですが、もう中古ではさっぱり見かけませんね。コルナゴC40はちらほら出てくるんですが。

f:id:hinokinatsume:20170911163522j:plain

f:id:hinokinatsume:20170911163442j:plain

f:id:hinokinatsume:20170911163416j:plain

Campagnolo Centaur UD10速。このオールアルミのケンタウルはクロモリフレームに組まれることが多いですね。あまり乗らずに納屋か何かにずっと仕舞われていたそうで、使い込まれた感じはなし。ブレーキレバーやクランクにアルミの錆びが発生していましたが、エルゴパワーのブラケットカバーは全く摩耗してないのでほとんど走ってないと思います。もったいねぇ。

ホコリと古いグリスが詰まっているのでまずは洗車。洗剤と水でバシャバシャ洗い、拭き上げ。チェーンは溶剤で洗浄します。少し錆びてましたが、カンパの純正チェーンって買うとけっこう高いんで、ここは錆びを落として再利用。

ほかの部品もできるだけ分解してグリスアップと掃除。メッキの部品は金属磨きの定番ピカールで磨きます。ヒビだらけのタイヤとバーテープも交換。変速は問題なかったのでブレーキの片効き調整して終了です。

ピナレロの自転車

Pinarello Prince

f:id:hinokinatsume:20170910061632j:plain

当時このプリンスは高値の花で、かなり無理をして買った記憶があります。バックオーダーを抱えるほど人気で、1年半待ちなどというおよそ自転車の予約とは思えない状況になっていましたが、たまたま自分の乗れるフレームサイズが出入りしていた自転車店にあったんです、普通の在庫で。(そりゃ買うでしょ)

最初は手持ちの7700デュラエースで組み、後にカンパ・コーラス仕様になりました。直進性の高さ、フロント周りの剛性感が印象的で、当時どこもかしこもアルミカーボンバックフレームを作っていましたが、ピナレロは一段レベルの違う存在でした。

自転車が趣味の人はご存じと思いますが、自動車やオートバイと同じように自転車にもチームレプリカというのが存在します。これは当時グランツールで活躍したFassaBortolo(ファッサボルトロ)チームカラー。エアブラシを使い手作業で塗装されていて、グラデーションが非常に美しかった。(ちなみにファッサボルトロはイタリアのセメントメーカーだそうです)

 

なんだかんだで25,000kmぐらいは乗ったかなぁ。僕のは手放すまで綺麗なままでしたが、この旧フォントのピナレロデカールが剥げてしまった個体を多く見ているので、おそらく塗装があまり丈夫ではないのでしょう。

状態の良いものは貴重ですね。

 

iphone 7 plus

なんとなく機種変更したくなって携帯電話を新しくしました

かれこれ何台目なのか…ワタクシ3GSの頃からiphone一筋です

初期iphoneの丸みを帯びたデザインが一番好きでした

 

さて、ぼちぼちiphone 8が登場するという話も聞きますが、

去年リリースされた『iphone 7 plus』を選択

このクソ暑い中わざわざ外出したくなかったのでオンラインショップで手続き

f:id:hinokinatsume:20170904173510j:plain

新色のブラック(艶消しマットなほう)にしました

ていうか、ディスプレイの周囲が白いのは感覚的に受け入れがたい

必然的にジェットブラック(高光沢)かブラックの二択になるのですが、

前者は美しいのは結構だが指紋がめちゃめちゃ目立ちそうで、

性格的に間違いなく気になって仕方なくなるのでやめました

(なんて消極的な理由だろうか…)

 

plusにしたのは、普段の生活スタイルを考えると

・通勤は車、仕事も車、電話は常時ハンズフリー

 → したがってずっとホルダーに装着している

・基本、ポケットには入れない

 → 多少デカくても支障はない

・仕事中はgoogleマップを頻繁に使う

 → 画面は大きいほうが見やすい

このあたりが理由ですかね

 

とりあえず一日使ってみて 指紋認証やアプリの動作の速さ、ディスプレイ、

それとカメラの進化はすぐ実感できました(やっぱり新しい物は良い…)

感圧式になったホームボタンは違和感なかったです、普通に使える

しかしスマートフォンもここまでくると本当に小さいパソコンですね:)

 

シフトノブ交換

ストリームのシフトノブを交換しました

1.8Xのシフトノブはウレタンですが、表面がスレて汚くなってきたので

(という言い訳)

 

ホンダアクセス製 本革巻きシフトノブ

f:id:hinokinatsume:20170827040051j:plain

本体だけかと思ったら右側のカバーも2種類付いてました(ODスイッチ有/無)

さすが新品…手触り最高 サラサラよ

 

f:id:hinokinatsume:20170827040849j:plain

簡単すぎて写真撮るほどでもないのですが…

・ツメで嵌っている右側のカバーを外し(※AT車はODスイッチの配線あり)

・シフトノブ本体のボルト2本を外して引き抜く

・ODスイッチのボタンが付いていないので、元のシフトノブから移植

・革巻きシフトノブを元通りくみ上げる

以上!

5分で終わります

 

f:id:hinokinatsume:20170827041622j:plain

毎日手で触れる部分ですから 感触が良いと気持ちいいです

いっそのことステアリングも本革巻きに替えようか…

 

バイクの話

最近になってちらほら耳にする話題ですが、

バイクの国内販売台数が かつてのピーク時の9分の1なんだとか…

そりゃあね、車が売れないんだからバイクも同じでしょうよ

中型でも新車で70万とかしますからねぇ…

それなら車がいいやってなりますよ

 

そもそも最近の若い人は免許も取らない人が増えているらしいですね

都市部に住んでいたら車もバイクも必要ないって考え方は、まあ合理的

そういう価値観も理解できます

万が一のときはバイク、危ないしね…

 

f:id:hinokinatsume:20170823191639j:plain

'05 Kawasaki ZZ-R400

3年ほど前までうちにはこいつがありました

重たいけど乗りやすくていいバイクでした

正直これ売ったの後悔してます…