ロードバイクの冬用ウェア

 今季は冬用のバイクウェアをいくつか入れ替えました。

 国産のパールイズミを長らく愛用してきましたが、今回は「GORE-TEX」で有名なGOREのウェア。冬服って基本的に値段が高いので、買い替えるのにけっこう勇気が要ります(そして諭吉さんも要ります…)。

 

 実はGOREのウェアは初めて買ったんですが、ペラペラに薄くて軽いのにぜんぜん寒くないという異次元の感覚に驚きました。自転車は冬でも汗をかくので、ただ厚着すればいいわけではなく「体温調節」が大事です。

 高機能なものほど価格も相応に高いですが、正直ウインタージャケットはお金を出しても本当にいいものを買っておいたほうが良いと思いました。。

 

 

■GORE Windstopper softshell Gilet

f:id:hinokinatsume:20200220231555j:image

 「ジレ(Gilet)」は一般的にいうところのベストですね。

 ウインドブレーカーみたいなシャカシャカする薄い素材のものが普通(というか僕もこれしか知りませんでした)ですが、こちらは裏地がフリース生地になっており、やや厚みがありますね。表地はサラっとした肌触りでとても質感が良いです。襟はフロント高めのハイカラーで作られています。

f:id:hinokinatsume:20200220231628j:image

 外気温5~10℃の日に、保温系ベースレイヤー+裏起毛ジャージ(春秋用)と組み合わせて使ってみたところ、腕は肌寒いのに胴体はあったかい、なんだか変な感覚を味わいました 笑

 薄い素材のものと違って小さくたためないので、気温の低い早朝に着ておいて、日が昇って暖かくなったら脱ぐ、なんて使いかたはできないかも(ポケットに入らない)。まあファスナー開ければいい話ですが。

f:id:hinokinatsume:20200220231614j:image

 背中に1ポケット+ファスナー付きポケット。小さな防水ポーチも付属します。

 

■GORE OXYGEN Windstopper Jacket

f:id:hinokinatsume:20200220231748j:image

 今季の本命、裏起毛の長袖ウインタージャケット。全体的にタイトな作りのレーシングフィットってタイプです。

 乗車姿勢に合わせた立体縫製で走行中は非常に快適です。肩回りの色が分かれている部分は、生地のパネルを立体的に作り分けて動きやすいように工夫されています。あと、前側の肩下あたりにエアベンチレーションがあり、ファスナーで開閉できるおもしろい作り。どちらかというと運動強度高めの人向けのウェアですね。

 

 国産のウインタージャケットに比べると生地の厚みは1/2程度。なんか薄すぎて冬服とは思えないレベルですが、寒くもなく暑くもない。薄いから身体も動かしやすい。

 外気温5℃以下でも、保温系ベースレイヤー2枚+OXYGENジャケットの組み合わせで必要十分です。長袖ジャージいりません。かなり薄着ですが身体が震えるようなことはないし、10分も走れば寒さは感じなくなります。それでいて汗かかないので身体も冷えません。

 ゴアすげぇ。

f:id:hinokinatsume:20200220231726j:image

f:id:hinokinatsume:20200220231733j:image

 後ろは3ポケット+ファスナーポケット。

 やや深さがあるので左右の開口部は斜めに作られています。

f:id:hinokinatsume:20200220231708j:image

 首回りはジレと同様のハイカラーです。後襟45mm、前襟は90mmもあります。人によっては首が少し苦しいかも。袖も少し長いですね。インターナショナルサイズですが、アジアサイズも併記されています(1サイズ小さめです)。

 

 

「ウインドストッパー(Windstopper)」は透湿性のある防風素材で、暖かさを保ちつつ蒸れずに快適に過ごせるよう作られています。撥水加工もされているので軽度の雨なら耐えられる素敵な素材です。自転車のウェア類でよく見かけるのはこのウインドストッパーですね。ゴアテックスGORE-TEX)」のほうは生地自体に撥水性があるので、雨の中で着ることを考える場合はゴアテックスのほうが適しています。

 

 OXYGENジャケットはハイエンドモデルのため価格も相応に高いですが、それだけの機能性をもったバイクウェアだと思います。

 春まではこの2着の出番が多そうです:)

 

 

自転車通勤について

 僕は天気のいい日は自転車で通勤しています。片道15㎞、約50分の道のりです。

 電車では乗り継ぎの悪いときなど1時間30分ほどかかることもあるので、大幅な時間短縮になっています。雨の日は電車を利用しますが、自転車通勤に慣れてしまうと電車のほうが苦痛に感じるほどです。

f:id:hinokinatsume:20200209220536j:image

【自転車通勤のメリット】

・適度に身体を動かす習慣がついて健康維持に役立つ

・ガソリン代などの交通費がかからず経済的

・電車で通勤するよりも通勤時間が短くなる場合がある

・満員電車に詰め込まれる苦痛から解放される

 「興味はあるけど体力的に続けられるか心配」という方は、電動アシスト自転車を使うという手もあります。これなら運動強度としてはウォーキングとさほど変わりません。天気の良い日だけ自転車通勤に切り替えてみるのも良いでしょう。気分的にもリフレッシュできて、仕事に対するモチベーションが上がるかもしれませんね:)  

 

  

■通勤時間の目安

 スポーツとして自転車に乗った経験があるかどうか。これは正直あまり関係ありません。街中では信号で止まることが多いので、1時間程度の通勤なら到着時間もさほど変わらないのが現実です。もともと運動する習慣のある人なら、10㎞ぐらいは何の問題もないと思います。 

 時間の目安としては、1㎞=約4分を基準として

 ~5km 20分

 ~10km 40分

 ~15km 60分

 ぐらいを想定します。平均速度15km/hは比較的ゆったりペースです。朝はなにかと慌ただしいものですが、急いだところで10分も変わりません。スピードを出せば事故に遭うリスクは格段に上がります。『急がず焦らず』が大事だと思います。

 僕はパンク等のトラブルも考慮して少し早く家を出るので、会社に着くのも早くなるわけですが、着替えてコーヒーを飲みながら始業時間まで過ごすことが多いです。普段はその時間にメールチェックや予定の確認などもします。

 

 距離の話をすると、片道20㎞を超える自転車通勤は普通の人にはまず無理です。会社に着いた時点で疲れてしまっては仕事になりませんし、帰りも同じ距離を走る=1日に40km以上も走ることになります。それを毎日続けるのは慣れた人でなければ難しいでしょう。

 

 

■自転車通勤の注意点

・交通ルールは守りましょう

 信号や一時停止など基本的な交通法規は必ず守りましょう。夜間の無灯火・逆走などはもってのほかです。交通ルールを守るのは自分を守るためでもあります。また明るい時間帯でもデイライトを点灯(点滅)させるなど、周囲に気付いてもらえるよう配慮することも大切です。

・動きやすい服装で

 服装に関しては自転車用のウェアが最適だと断言します。一般的にはあのピチピチジャージに抵抗がある方のほうが多いと思いますが(笑)、動きやすい服装が適しているのは事実です。会社に更衣室があれば仕事用の服に着替えることをお勧めします。ヘルメットやグローブもケガを防ぐために欠かせません。

・荷物はどうするか

 デイパックのように背負っても良いのですが、荷物が重いと腰に負担がきます。そして真夏は背中が汗だくだくになるわけで、あまりお勧めしません。サイドバッグなどを利用して自転車にバッグを取り付ければ身体が楽になります。天気が崩れることも考慮して、防水性のあるものを選びたいところ。

・自転車の置き場所

 一番いい置き場所は会社内の駐輪スペース。僕も会社敷地内の駐輪場を使っています。もし一般の駐輪場を利用する場合は「複数のカギを付ける」「地球ロックする」などなど、盗難対策はしっかり行いましょう。街中の駐輪場でもけっこう高そうな自転車を見かけますが、その気になれば簡単に持っていかれてしまいます。車で移動するプロの窃盗団から見れば、お金が置いてあるのと何も変わりません。

 

■雨の日対策

 自転車で通勤している人にとって一番困るのは雨の日。激しく降るようなら自転車通勤はやめたほうが良いかもしれません。僕は降水確率の高い日は電車で通勤することが多いです。ちなみに僕は雨男です。

 レインウェアは車輪に巻き込んだりすると危険なため、風でバタつかないものが適しています。安いものだと夏はかなり蒸れるので覚悟が必要です。少し高価ですが、GORE-TEXなど透湿性の高い素材を選びたいですね(実はオートバイ用のレインウェアが種類も多くて選びやすいのでお勧めです)。

 靴は職場で履き替える前提で防水シューズを履くか、レイン用のシューズカバーを使うと良いでしょう。シューズカバーは靴の上から被せるだけで簡単に着用できますし、ビニールの使い捨てタイプもありますよ。

 

 

 自転車通勤というとクロスバイクロードバイクのイメージが強いですが、電動アシスト自転車で通勤している人もかなりいます。昔は高価でしたがここ数年は手に入りやすい価格になってきましたし、坂道が多い環境であれば電動アシストのほうがかえって負担が少ないかもしれませんね。

 運動不足の解消や精神的なリフレッシュ、満員電車から解放される などメリットもたくさんある自転車通勤。もし機会があればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

Bontrager のLEDライト

 先日レザインのLEDライトを買ったところですが、

hinokinatsume.hatenablog.com

 

 これも買いました。

Bontrager ION 450R

f:id:hinokinatsume:20200202210640j:image

f:id:hinokinatsume:20200202210650j:image

www.trekbikes.com

 ボントレガー(Bontrager)はサイクルパーツ、アパレルなど自転車用品を取り扱うTREK系列のブランド。現在はTREKの子会社という位置づけです。

 

 ION 450Rの明るさは数字のとおり最大450ルーメンあり、実測で約70gと、このクラスのライトにしては軽くコンパクト。ただし軽さと引き換えにランタイムは少々短めです。結局のところバッテリー容量の問題なので、両立できないことは理解しています。これでランタイムが長ければ言うことナシですね。

 LEDは1灯で、米国CREE製です。充電ポートは本体下部。IP46クラスの防水防塵性能があり、雨に降られても大丈夫。ちなみに僕は雨男です。。

 

 点滅モードは2種類あり、日中に使うデイフラッシュは不規則なストロボ発光でよく目立ちます。またナイトフラッシュのほうは点灯+点滅という発光パターンで道交法上も問題ありません(※前照灯は点滅だけではダメです)。このあたりは日本の交通法規にも合っており、なかなかよく出来ています。

 

 

 取付けはハンドルステムにマウントする「ブレンダー(Blender)」を使用。

f:id:hinokinatsume:20200130230137j:image

 イメージ図

f:id:hinokinatsume:20200130230150j:image

 こんな感じで、ライトやサイコンなどの小物がステムの正面に装着できます。これ、本当によく出来ていて感心しました。残念ながら通販では買えないので東大阪TREKストアにて購入。定価売りです。。

 

 取り付けるとこんな具合。

f:id:hinokinatsume:20200202211724j:image

f:id:hinokinatsume:20200202211736j:image

 ブレンダーを使うと見た目はスッキリ。そして小さい。マウントとの嵌合は少しキツいです。でも緩いと振動で落ちることがあるし、キツいぐらいで良いのかなぁ。配光はレザインほどではありませんが拡散型、フラッシュモードでは拡散光のほうが被視認性が高く良いかと思います。

 実はこの記事を書いている時点で10日ほど使っています。思いのほか使い勝手の良い製品です:)

 

 

鮭と玉子のコンソメスープ

f:id:hinokinatsume:20200201225517j:image

 今日のお昼ごはん。あったかいスープがいい!という娘のリクエストにより、具たっぷりのコンソメスープを作りました。

 材料は鮭、卵、ブロッコリー、玉ねぎ、おろし生姜。魚はひと口大のぶつ切りにして、塩をふって水分を拭き取り、臭み取りをしておきます。

 また、すこーしだけ水溶き片栗粉でとろみをつけました。とろみがあると冷めにくいのが良いです。そして生姜は昔から漢方薬にも使われているように、身体を内側から温めてくれる効果があります。

寒い日はあったかいものが食べたくなりますね!:)

 

 

豚肉と春雨の甘辛炒め

f:id:hinokinatsume:20200126213035j:image

 豚肉は食べやすい大きさに切って、料理酒と塩で下味をつけます(下味をつけることで味がしっかりと入り、良い仕上がりになる)。ボウルでも良いですが、適当な袋に入れて揉みこむようにすると簡単です。

 春雨はあらかじめ湯で戻しておき、これも食べやすい大きさに切っておきます。

 野菜は玉ねぎ、人参、ごぼうです。 ニラ、もやし、椎茸なども合いますね!

 

 味付けは醤油、酒、塩コショウ、あと鷹の爪を少々で、甘辛く仕上げます。

 最後にごま油を数滴。。。

 ごはんにも、ビールのお供にもイケるやつです:)

 

 

なめろう

アジのなめろう

f:id:hinokinatsume:20200119231703j:image

 細かく刻んだアジに大葉、茗荷、生姜、味噌を加えて、まな板の上でさらに粘りが出るまで叩きます。包丁で叩くので少しくらいは小骨があっても大丈夫。時間もかかりませんし、一品加えたいときには重宝します。食感は叩き具合で変化しますのでお好みで。

 味噌と大葉や生姜などの風味が、青魚特有の臭みを消してくれます。ハマる人にはたまらない旨さ。元々は房総半島の漁師料理だそうです。似たような料理は他の地方にもあるみたいですが。。

 晩酌のお供にも良いですが、ごはんに載せてお茶漬けってのもアリですよ:)

 

 

LEZYNEのLEDライト

f:id:hinokinatsume:20191231144726j:image

 自転車通勤には必需品のLEDライト。

 ライトといえば日本製のキャットアイが定番ですが、店頭で手にとって良さそうだったのでレザイン(LEZYNE)のライトを1つ追加することにしました。米国のメーカーですが製造は台湾です。

 現状では「ハブライトホルダー」というハブ軸(正確にはクイックリリースのシャフト)に取り付けるマウントにライトを装着していますが、予想以上に光軸が低すぎて具合がよろしくない。むやみに光軸を上げると対向車や人様の迷惑ですし。

 結果、少なくとも1つは高い位置に要る、という考えに至りました。

f:id:hinokinatsume:20191231144601j:image

 ハブライトホルダー。これはこれで悪くはないのですが・・・

 

■LEZYNE Micro Drive Pro 650XL

f:id:hinokinatsume:20191231144616j:image

 パッケージは簡素で、これがそのままビニール袋に入ってるだけです。付属品(取説と充電コード)は小さくまとめられて隙間に押し込まれています。

f:id:hinokinatsume:20191231144627j:image

 LEDは2灯式。CNC加工されたアルミ筐体でシンプルな作りです。充電ポートはおなじみのマイクロUSBで後部の防水キャップを外したところにあります。

 IPX7相当の防水性能で雨や雪の日も安心(雪の日なんてゼッタイ乗りませんけどね)。

f:id:hinokinatsume:20191231144757j:image

 スイッチ長押しで点灯/消灯。電源ボタンはバッテリーインジケーターも兼ねていて、消耗してくると色が変わるようになっています。

 ランタイムは250ルーメンで5時間、150ルーメンまで落とすと9時間もある。実質的にこのあたりが普段使うモードになると思います。点灯パターンが多いのもレザインの特徴。こんなに使うか?って気もしますが…笑

 

 何気なく点灯してみたところ…

f:id:hinokinatsume:20191231144636j:image

 超絶まぶしい。

 ※部屋の電気ついてます。

 

 

f:id:hinokinatsume:20191231144646j:image

 底面のシリコンバンドでハンドルに装着します。

 バンド自体が頑丈かつガッチリ付くので走行中にズレるようなことはなさそうです。ちょっと気になるのは、配光?なにソレ?ぐらいのレベルで上方向にも容赦なく光が拡散する点。外観はスマートなのに、実にアメリカンな大雑把さ。

 たぶんこれは少し前下がりで装着するのが正解だと思います。。。

 しばらくこれで様子をみましょう。