natsume.blog

Something about cars, bikes, philosophy, cooking and liquors.

選挙にいこう

連日報道されているように今日から明日にかけて台風がきますね。そして今日は国政選挙の投票日ですね。個人的には「こんな雨の日には家から一歩も外に出たくない」というのが正直な気持ち。いや、もちろん投票には行ってきましたけどね。よくよく考えたら期日前投票に行くべきでした。仕事が忙しくてそれどころではなかったのが悔やまれます。

文明国である日本でなぜインターネット投票が実現しないのか。。。

近年では平成26年12月の第47回衆議院議員総選挙で52.66%、平成28年7月の第24回参議院議員通常選挙でも54.70%と投票率は低迷しています。ほぼ国民の2人に1人じゃないですか。それ民意って言えますか?と思いますが。。。

若い世代の選挙に対する関心の低さが原因のひとつだと思いますが、それなら「選挙に行きましょう!」とPR活動に勤しむよりも、スマートフォンが普及しインターネットがより身近なものになったその世代にこそ、ネット投票の導入により投票率の改善を図ることは可能ではないか、と思うのです。

 

本人確認の問題がありますが、現実の投票所でも「生年月日を答えるだけ」なので、厳密な本人確認をしているわけではありません。サイバー攻撃で選挙結果を改ざんされる(結果次第では日本の政治を操れる)、誰が誰に投票したかがデータとして残ってしまう、システム障害が発生した場合の影響…等々、問題があることはわかります。

しかし、海外では米国の一部の州やフランス、ブラジル、フィリピンなどでネット投票が実施されているようなので、不可能ではないはず。。。

休日を犠牲にして投票のために割く時間が減らせるとか、開票時間の短縮や選挙事務にかかる人件費の削減、疑問票や無効票が出ない、などメリットも多いと思うので、将来的には検討・導入されることを心から祈っております:)

あぁ…家にいながらスマートフォンで投票できたら楽でええなぁ…

 

厄日

今日は厄日でありました。

 

・積み荷を積んで出発し高速に入った直後、トラックのエンジントラブル発生。ぎりぎりパーキングエリアまでたどり着き、小雨が降る中で点検し再始動を試みるも始動できず。素人にはもうわかりません。お手上げ。

・会社に連絡して予備車を持ってきてもらう。当然ですが荷物は手作業で積みかえねばなりません。4トン箱車ですよ、マジですか。それ到着すんの何時になるんじゃ!という焦りが生まれる。1時間半かけてなんとか積み替える。

・予備車で出発するもこの時点で2時間半の遅れ。やばい。そしてこんなときに限って事故やら道路工事やらで渋滞が起きてますよ。あ、なんか動悸がする。

・大幅に遅配(約4時間)。さらに焦って積み替えたためか商品事故が(ケース破れとかね…)複数みつかる。納品先の担当が般若の顔になる。この重たい気まず~い空気、最悪すぎて気絶しそう。まあ受領してくれたんで、まだマシかな…

・帰路、予備車がパンク。仕方なく路上でタイヤ交換する。タイヤが…重い…

・報告書を書いていたらボールペンが折れる。なんだか心も折れた気がする。

 

不幸が重なると連鎖的に悪いスパイラルに陥っていきますね。僕は小心者なので、なんとかしようと焦ってしまうんですが(だって、迷惑かけるじゃないですかお客さんに。)、さっさとあきらめて「仕方ないじゃん」といえるメンタルの持ち主が正直うらやましいです。

嫌なことは早く寝て忘れましょうネ:)

 

エンシェントクラン

f:id:hinokinatsume:20171014162641j:plain

スコットランド・トマーティン蒸留所で製造されるブレンデッド・スコッチです。実売1000円前後で買えるお手軽なウイスキー。僕はあまりお酒は強くないんですが、家で飲むのはビールとウイスキーが多いです。アルコールに関しては、量はそんなに飲まないから旨い酒が飲みたい。そして飲むと決めたら気持ちよく酔うことです。なのでお酒は基本的に割りません。若いころは泥酔して救急車で運ばれたり道端で寝たりお巡りさんのお世話になったりと散々でしたが、さすがにそんな飲み方はもうしなくなりました。少しは大人になったんですかね。

平日は仕事に影響するとまずいのでお茶しか飲みません。出発点呼でアルコールチェックがあります(僕の仕事は運送屋です)。引っかかったら乗務停止です。始末書ものですよ。笑

f:id:hinokinatsume:20171014162703j:plain

さてエンシェントクランの感想ですが、色はきれいな黄金色、ストレートではアルコール感が強く、スコッチらしい香りや味わい、甘みもそれほどありません。ドライで中庸な印象です。香りの強いウイスキーが好きな人には合わないでしょうね。嫁さんはラベルが格好いいと言ってましたが、洋酒のラベルってどれもこんな感じじゃなかったかな。

ネットで検索してみたら炭酸水とレモン果汁で割る(=ハイボールですね)と良い感じらしいので、一度試してみようと思います:)

 

生き方を考える

10年ほど前から意識して大切にしていることがあります。自分の内なる声に耳を傾ける、つまり頭で考えるのではなく、感じることです。

僕の人生はあと残りどれくらいだろうか?限られた人生のなかで、自分には何ができるんだろうか?時々そんなことを考えます。実存主義派の哲学者、ジャン・ポール・サルトルが「すべてのことに答えはある、どう生きるかということを除いては。」といったように、生き方には答えなどありません。

人生を生きるために必要なのは祈りではなく、目の前の現実に向き合うことです。僕は無神論者ではありませんが、少なくとも人の悩みを解決してくれるのは神様ではない。もちろん他の誰かでもない。自分を救ってくれるのは自分だけです。他人の意見の雑音によって心を惑わされることのないようにしたいものです。人生を投げ出すのは実に簡単ですが、早いか遅いかの違いはあれど、いずれ死を迎えることはみんな同じです。わざわざ近道をすることもないでしょう。

自分が納得のいく人生でありたいと思います。

f:id:hinokinatsume:20171013202801j:plain

僕は物事を無駄に難しく考える性分らしく、しかし残念なことに記憶力はよろしくないので、思いついたものは帳面に書いて溜め込んでいます。書き残しておいたものを後で読み返すのでけっこう面白いんですが、時間がかかるのが難点です。

物書きの才能はあまり無さそうです。

 

ブリヂストン マークローザF

ちょっとおしゃれなママチャリ、いわゆる一般車。買い物+お散歩用にしています。ちょっとやれてきたのでホルツのメタルコンパウンドで金属磨きしました。塗装部分は同色が見つからないので、どうしようか思案中。タイヤが18×1.5HEという選択肢のほぼないサイズでこれも悩みどころ。

f:id:hinokinatsume:20171010151818j:plain

f:id:hinokinatsume:20171010151855j:plain

f:id:hinokinatsume:20171010152123j:plain
薄錆びが出ていましたが綺麗に取れました。磨けば光るメッキ部品は好きですね。連休で時間があったのでスポークも一本一本磨いてみました。

インプレッション的なものがさっぱり見当たらないので勝手に書かせてもらいますが、見た感じぼちぼち走りそうな雰囲気はあるものの、26~27インチの軽快車と同じ程度の走行性能です。逆に言うと小径折り畳み車のくせにそのぐらいは走ります。同じ18インチでもダホンとかBD-1みたいなスーパー高級折り畳み車と同列に考えてはいけません。価格が違いすぎます。アホほど金を突っ込んでマークローザを魔改造すれば同列ぐらいまではいけるかもしれませんが、素直に買い替えたほうが早いです。そういう趣味も否定はしませんが。

しかし速く走るだけが自転車の楽しみ方でないのもまた事実。この何かほにゃほにゃした乗り心地(の割には普通に走りますが)はゆったり走ろうという気分にさせてくれます。スポーツではなくポタリング向けです。

小径ゆえハンドリングはやはり神経質で子どもには向かないと思いますが、ハンドルもサドルも簡単に高さを調整でき、かつ調整幅が広いので小学生ぐらいの身長でも乗れるでしょう。折り畳み機構は2段階式になっており簡単&確実です。こういうところは国内メーカーらしいなと感じます。やや重量があるので、輪行よりは車に積んで移動先で乗るというのが適していると思います。僕は電車嫌いなのでこの使い方しかしません。

f:id:hinokinatsume:20171010152353j:plain

金属製の小ぶりなヘッドマークが渋い。

 

ステアリング交換 その2

前回のシルクブレイズ・スポーツステアリングを取り付けました。作業自体はそんなに難しいものではないので、車いじりが好きな人なら誰でもできるでしょう。

■必要な道具

・T30トルクスレンチ

・ラチェットレンチ(ソケットは10mm、14mmを使用します)

・プラスドライバー

 

まず手始めにバッテリーのマイナス端子を外して10分ほど待ちます。エアバッグの誤作動防止のためですが、本当に爆発したって話は聞いたことがないのでたぶん外しておけば大丈夫な気がします。バッテリーはいまのところ良好ですが、3年前の日付が入っていたのでぼちぼち交換を考えておいても良いかもしれません。

f:id:hinokinatsume:20171008114823j:plain

ステアリング横の穴からT30トルクスボルトを抜きます。左右2本です。ネジロックみたいなものが塗ってあり少し固かった。

f:id:hinokinatsume:20171008115644j:plain

するとエアバッグ本体が手前に抜けるようになるので、繋がっている配線を外していきます。真ん中の黄色いソケットの下を、ステアリングの下から見るとフタが外せるようになっていまして、外すとこの周辺のソケットがどんな感じでついているのかわかると思います。ここはさくさく外していきます。

f:id:hinokinatsume:20171008120010j:plain

配線とエアバッグを分離します。中央のボルト(14mm)がステアリング本体を固定しています。お約束ですが、このボルトは手で回る程度まで緩めておき、ステアリングを左右に力を加えながら手前に引くと、ガコッと音がしてステアリングが外れます。シャフトがテーパー状になっているので、ボルトを抜いても簡単には抜けません。で、思いっきり引くと急に外れてステアリングで顔面を強打するので、ボルトを完全に抜かずに残しておくわけです。

f:id:hinokinatsume:20171008125134j:plain

f:id:hinokinatsume:20171008125322j:plain

ステアリングが外れたら、新しいステアリングにカバーやスイッチ類などを移植します。プラスネジとツメで嵌っているだけです。パネルカバーもピアノブラックのものが付いていましたが、ここは好みで純正を使いました。あとはセンターを合わせてシャフトに挿入し、元通りにしていきます。

f:id:hinokinatsume:20171008130000j:plain

できあがり。バッテリーの端子を接続し、ホーンやウインカーなど正常に作動するか確認して終わりです。この後、洗車もしたので午前中いっぱいかかってしまいました。

やっぱり新品の革の手触りは良い。。。

 

ストリーム ステアリング交換

シフトノブを本革化したらやっぱり次はこれでしょう。ガングリップタイプのスポーツステアリングに換装です。ハイエースに装着している知人がいるので触らせてもらい、質感や形状が良かったのでシルクブレイズ製にしました。ステアリングに関しては、フィット(GE系)、インサイト(ZE系)、シビック(FD系)などは共通のようです。てことはFD2タイプRのステアリングも装着できますね。たしか純正OPでモデューロからもスポーツステアリングが販売されていました。エアバッグが使える純正形状で選択肢がたくさんあるなんて、良い時代になったもんです。

J's Racingのカーボンスポーツステアリングにはものすごーく心惹かれましたが、レーシーな雰囲気MAXでファミリーミニバンにはちょっと違和感があります。シビックRだったらこれにしたかな。一番の問題は、黄色のステッチしか売ってない(赤があったはずですが、廃版なのかも)。まあご縁がなかったと思って諦めますん。。。 

f:id:hinokinatsume:20171005021915j:plain

f:id:hinokinatsume:20171005021925j:plain

たぶん製造は国産じゃないと思いますが、なかなかきれいなパッケージ。黒革+ピアノブラックの地味なやつを選びました。革の質感も純正っぽくて良いです。そもそもストリームのインパネも地味ですしね。

他には取説とシルクブレイズのミニステッカーが同梱されていました。取り付けが楽しみです。